肌のくすみと日焼けは関係しているの?

MENU

肌のくすみと日焼けは関係しているの?

肌のくすみと日焼けは関係しているの?

 

紫外線による日焼けからくるくすみ肌は、特に多く見られる原因のひとつです。

 

日焼けが起こってしまう原因は、主に3つあります。

 

 

一年中日焼け対策をおこなっていないこと

 

紫外線は夏だけのものではありません。
一年中紫外線は降り注いでいいますので、ケアは継続しておこなわないと日に焼けてしまいます。

 

日焼け止めはSPF30、PA++くらいのものを一年中使うと効果的です。

 

特に11時から15時は紫外線量が多く、対策としては出かけないか日除けグッズをフル活用して乗り切りましょう。

 

 

タバコを吸っている

 

タバコを吸うことで体内に一酸化炭素が入り込んでしまいます。
一酸化炭素が血中のヘモグロビンと結合することで、血液中の酸素が不足して血流が悪くなってしまいます。

 

そこで顔色が悪くなり、くすみにつながるというわけなのです。
更にニコチンは血管を収縮させるのでますます血行を悪くしてしまい、お肌の悪循環に陥ってしまいます。

 

美肌を目指すなら、まず禁煙しましょう!

 

 

緑黄色野菜や果物を食べない

 

肌にいいビタミンといえば、有名なところでビタミンCとAがあります。
ビタミンCはメラニン生成を抑制する効果や紫外線による活性酸素を除去するはたらきがあり、ビタミンAは肌の新陳代謝を促進させることで肌のターンオーバーを正常に保つ効果があります。

 

緑黄色野菜にはこれらの栄養素がたっぷり含まれているので、積極的に食事に加えるようにしましょう。

 

 

合わせて読みたい記事