肌のくすみは紫外線は関係しているの?

MENU

肌のくすみは紫外線は関係しているの?

肌のくすみは紫外線は関係しているの?

 

紫外線と肌のくすみは本当に深い関係にあるんだよ。

 

紫外線を浴びて日焼けしたあと、なかなか肌が白く戻らないっていうことも多いと思うんだけど…。
特に年齢を重ねていくと顕著だよね!

 

紫外線の影響を受けるとシミやソバカスの原因となるだけじゃなくて、くすみまで起こってきちゃうの!

 

 

それは日焼けによるメラニン色素の沈着が原因で顔全体満遍なく、または弱い部分である目の周りなどが一番くすんで見えちゃうことが多いんだよ。

 

このせいでワントーン暗い、疲れたような印象を持たれてしまうっていうこと。
それだけは避けたいことだよね!

 

あともう一つ、紫外線でお肌にダメージを与えるときに気をつけていかなければならないのは乾燥。
肌の乾燥もくすみの大きな原因になるってみんな知ってるかな?

 

 

肌が乾燥していると角質の水分量が減少してしまって、透明感のない肌になるんだ。

 

そうなると乱れた状態の肌の奥に汚れが入りやすくなってしまって、結果くすみが出てきてしまうということなんだよ。

 

これにはセルフケアでの美白効果のある化粧品を使って対処する他に、皮膚科でメラニン色素を取る治療をしてもらうっていう手もあるよね。

 

 

メラニン色素の沈着は一度起こると結構ガンコなのが特徴!

 

日々の暮らしの中では日焼け止めをしっかり使って、まずは日焼けをしないことが重要だよ!

 

紫外線は一年中降り注いでいるから、夏が終わっても油断しないで塗り続けることが重要なポイントだよ☆

 

 

合わせて読みたい記事